本文へジャンプ

年間行事  お知らせ
1月1日 元旦年忘れ座禅会
春季普茶料理 3月中〜4月中
春彼岸中日 春彼岸供養法要
4月8日 お釈迦様の誕生日花まつり
5月第4日曜日 西願寺施餓鬼供養
秋彼岸中日 秋彼岸供養法要
秋季普茶料理 10月中〜11月中
12月28日 餅つき
12月31日 大晦日年忘れ座禅会
黄檗宗とは
中国・明代末の禅宗の高僧・隠元禅師(1592〜1673)が、江戸時代初期(1654)に来日。
徳川4代将軍・家綱公より山城国宇治(京都)に寺領を賜わり、“黄檗山萬福寺”を創建して開宗した。
隠元禅師は明代末の中国における臨済系統の禅宗の重鎮であったが、日本では臨済宗を名のらず、
“黄檗宗”を名のった。

教えの特徴として、人間が生まれながらにしてもっている仏心を、坐禅行を行なうことによって、
自らの力で見出し、仏陀と同様の境涯を体得させようとするもので、
日常生活における一挙手一投足、また往生浄土や念仏などの浄土教教義をあわせて説いて、
念禅一致をはかる一方、さらに真言陀羅尼などの密教的要素も加味している。

また、漢文ではなく、本場の唐韻による誦経はその特徴的な節まわしで、
「黄檗の梵唄」として独特のものである。
普茶料理とは
京都宇治の黄檗宗大本山萬福寺を開いた隠元禅師が、徳川時代(1600年代)に中国から伝えられた
中国風精進料理である。
普茶料理の特色は、和気藹々に台を囲み、食材に魚や肉は使わず、野菜類・豆腐等を主に使い、
植物油と葛を巧みに使う料理である。
西願寺パンフレット(PDF形式)はこちら




メールはこちらへ